jump to navigation

2010映画納め 2010/12/25

Posted by Master in Movies.
trackback

『人生万歳!』 Whatever Works (2009)

監督:ウディ・アレン

製作:レティ・アロンソン、スティーブン・テネンバウム

脚本:ウディ・アレン

出演:ラリー・デビッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン、エド・ベグリー・Jr、他

 
舞台はニューヨーク・マンハッタン。落ちぶれても自意識と減らず口は健在の物理学者ボリス(ラリー・デビッド)と、南部生まれの家出娘メロディ(エヴァン・レイチェル・ウッド)が出会ったことで、二人とその周囲の人間模様がにわかに動き出す…。
アレン監督ならではの人種や宗教、セックスに関するジョークが飛び交い、また古典的なお約束ギャグも織り込まれて、なかなかに面白いコメディです。

序盤から中盤こそ「歳(と偏差値)の差カップルのあり得ない恋の行方」的な展開でしたが、メロディの両親が登場するや、巻き込まれる人物が広がりを見せていきます。一瞬主役が入れ替わるのか?とも思いますが、そこはそれ脚本の妙で、ボリスの突っ込みがエスカレートする運び。

そんな中で、自分より知能の劣る相手を「尺取り虫」呼ばわりして馬鹿にするボリスが、純朴なメロディによってそんな相手でも受け入れる許容範囲を広げて行くところは、微笑ましくてほのぼのとした気持ちになります。まぁそれでも、相手が子供だろうが義理の親だろうが、言いたいことは言わせてもらう!といった我の強さは無くなりませんけど^^;

そして大都会で隠れた才能と嗜好を現わしていく両親の様子もまた、後半の見どころと言っていいでしょう。さて、次第にとっちらかっていく人間模様の行きつく先は?

ストーリーは単純だし、人物関係もややこしくないので、気楽に笑ってエンドロールを迎えられます。”Whatever Works” は「何でもあり」とでも訳すのかな?観終わったとき、そんな気分になること請け合いです。
キャストの面では…

孤独を秘めた皮肉屋のインテリ、こういうキャラクターはウディ・アレンが得意とするところなので、彼自身がボリス役をやっても良かったのでは?とも思います。でも、ラリー・デビッドだからこその味わいでもあったのかもしれません。

『レスラー』でミッキー・ロークの娘役を演じたエヴァン・レイチェル・ウッド、彼女のキュートさは際立っていましたね。かつてアレン監督のもとで開花したダイアン・キートンやミア・ファローのように幅のある女優になって欲しいです。

メロディの母親を演じたパトリシア・クラークソンもよかった。『それでも恋するバルセロナ』とは違った弾けぶりが見事です(笑)。
そうそう、自由の女神やグラント将軍の墓所、チャイナタウンにヴィレッジの映画館、おまけにユニクロまで登場するマンハッタンの街並みや風俗も見ていて楽しいですよ。ボリスと友人たちが集まるオープン・カフェ、あんな風な行きつけの店が近所にあったらいいな、と思ったりもしました。
私的評価=★★★☆

広告

コメント»

1. 暗ヲ - 2010/12/25

左側がウディ・アレンですね。
ずいぶんおじいさんになっちゃった・・・ってあたりまえかw
パトリシア・クラークソンの若いころ、ダーティーハリー5とかアンタッチャブルのとき、ずいぶんノーマルに綺麗なひとだな、と思いました。
それだけに大物にはならないかなと思ったら、あにはからんや中年すぎたあたりからグイグイっと映画出ずっぱりの大女優になっちゃった・・・
しっかしあひるさんもひま♪さんも映画よくご覧になってますね~(^O^)
わたしゃ腰いたくなっちゃうから、できれば映画は1時間半以内に収めてほしい派でっすw

Master - 2010/12/26

>暗ヲさん
ちゃうちゃう、左側はボリス役のラリー・デビッドです。

パトリシア・クラークソンは『グリーンマイル』と『それでも恋するバルセロナ』でしか知りませんでした。
いわゆる「演技派」ですかね。
コメディエンヌぶりが板についてました。

いや、ひまちゃんには敵いませんよ。
彼女はオールラウンドに観ますけど、俺はよっぽどじゃないと劇場に行きませんから(笑)。

この『人生万歳!』は90分くらいだったと思いますよ。
腰に優しい映画です(^◇^ 😉

2. ひま^^ゞ - 2010/12/26

おつかれさま〜(゚▽゚)/

やはりあひる師匠の解説は流石です^m^(笑)
簡素な感想しかしない私も見習わなきゃ;;;

“有り得ない”“何でも有り”“成るように成るさ”まさにそんな状況の映画でしたね。
何しろテンポが早いのが気持ち良くてまた魅力でしたね。
人はきっと開花しないように押さえてる部分が大半だけど
『さぁ皆!その一歩を踏み出してごらん♪』そんな感じかな。
彼の場合は窓から一歩を踏み出しちゃうんだけど^^(笑)

Master - 2010/12/27

>ひまちゃん
噂をすれば(笑)。

ああ~やられた><
彼の場合は窓から一歩…そういうコメントが書きたかった!

面白かったよね。
観て損はない映画だと思う。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。