jump to navigation

桜の季節に思う 2011/04/01

Posted by Master in Message.
trackback

image

被災者のためを思うとき、あなたが、我々がすべきことは「自粛」などではないはずだ。

「節電」や「譲り合い」は負うべき「協力」だけど、「自粛」することで復旧と復興が進む助けになるだろうか?

我々の「自粛」は単なる自己満足ではないのか?

俺は機会があれば桜を愛でて、犠牲者の方たちのために一献傾けるよ。
石原さんが何と言おうとも。

広告

コメント»

1. ひま♪ - 2011/04/02

難しいですよね。

赤字大国なのに子供手当てだ高速道路の無料化だとか高校がどうとかと大盤振る舞い。
そして下がる年金利率。
被災地の復興には25兆円のお金が掛かるとも予想もされている。
そんな中での、桜見るのも非国民みたいな自粛ムード。
昼間ならなんら問題ないと思う。景気低迷に拍車をかけてしまう。
(あんな発言した人がどうしちゃったのかしら?笑)

今、国としてお金掛けなきゃならないのは
被災地以外の事では新しいエネルギー作りだと個人的には思います。
それが環境問題も含めこれからの日本を担う子供の為にも必ずなるはず。

知り合いのブログでも出てた話題ですが、太陽光使う電力発電が一番良い。
娯楽製品にエコポイントの大盤振る舞いするお金があるなら
各家庭が太陽光を電力として使えるシステムの援助をしたほうが良いと思います。
太陽が有る限り可能なことだもの。
かなり高価なシステムだけど、大量発注ならコストもかなり抑えられるはずです。

空に太陽があるかぎり♪
(小学生の時好きだった。にしきのあきらw)

ちなみにうちの屋根にはお湯を作るソーラーシステムが乗っかってます今は壊れてて使えないけど
古いソーラーは水を上に上げてお湯にするタイプ。
ある日屋根に水を上げてたら屋根から大雨が(笑)

長くなりましたm(_ _)m

Master - 2011/04/04

>ひまちゃん
過剰な自粛は…と言うより、「被災者の方々が辛い思いをしている時に自分が遊んでいるなんて」と過剰に反応してしまう人の中には、普段の職場なんかで自分に余裕がある時に周囲から「俺がこれだけ頑張っているのにアイツは楽ばっかりしやがって」的な僻みや妬みを持たれてるんじゃないかと思いがちな人もいるような気がするんだ。
あるいは、「出る杭は打たれる」もんだから、こういうときはとりあえずおとなしくしてた方が良さそうだから、っていう「事なかれ主義」みたいな意識。

経済活動に影響するような自粛は必要ないと思うし、できることをすればいいだけ。
災害の犠牲者に追悼や哀悼の気持ちを表したいのなら、停電の夜に灯したろうそくの炎に黙とうを捧げればいい。
「被災された方々が気の毒なので、親子で遊園地に行くのをやめました」というのなら、遊園地で遣うはずだったお金を復興支援に寄付すればいい。
遊園地行きはやめました、浮いたお金はとっておきます、で終わってしまう人達は結構いると思う。
でも、それじゃあ被災地や被災者のためにはならないし、ちょっと良いことをした気分になるだろうけど、意地悪く言えば「自己満足」でしかない。

お金や物資を送るとか、復旧活動に参加するとか、「できること」を見つけた人はそれをすればいいし、まだ見つからない人は実際に行動を起こしている人たちに拍手と声援を送るとか。
プライオリティと心遣いさえ忘れなければ、自粛に縛られる必要はないと思う。
誰かが言ってたけど「自粛」が「委縮」になっちゃいけない。

太陽光発電は発電能力、設備コスト、安定性とか課題はあるけど、環境に対する配慮や設備の保守、家庭での運用ができることなどの点ではかなり有利だね。
なによりもひまちゃんが言う通り、資源となる太陽のパワーは膨大だし。

記事本文よりも長いコメント、ありがとうヽ(^o^)ノ


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。