jump to navigation

誰に聞かせるわけじゃないけど 2011/04/09

Posted by Master in Music Book.
trackback

♪どうしても きみが瞼を離れない~

ブレッド&バターの『ぼくは静かにゆれ動く』の出だし。数年前の曲ですが、「大人の恋!」って感じでなかなかです。数日前に街中で耳にして、あらためていいなぁと思いました。そういえばこの歌詞って……。

 
歌ってものは、メロディが心に残るもの、声や楽器が忘れられないもの、歌詞にグッとくるもの、様々な理由で好きになるものです。中でも歌詞は折々の自分の心情と重ね合わせやすいから、ついつい記憶にこびりついてしまいます。

 

世の中には多くの所謂「職業作詞家」が活躍していますが、自分の場合「いくつかある好きな歌の共通点として、同じ作詞家の手による歌だった」ということがままあります。

代表的なのが松本隆氏と康珍化氏。微妙な温度感と水彩画のような色彩感を持った松本氏は今や大御所です。

でも「康珍化(かん・ちんふぁ)」という名前はあまり聞いたことが無い、という方が多いのではないでしょうか。

彼の作品の中で個人的にグッとくる歌詞ベスト5は、

『悲しい色やね』上田正樹

『抱きしめてオンリィ・ユー』山下久美子

『ぼくは静かにゆれ動く』ブレッド&バター

『全部だきしめて』吉田拓郎

『胸が痛い』憂歌団

ですかね。
ちなみに康珍化氏の代表的作品には、

『ギザギザハートの子守唄』チェッカーズ

『ミ・アモーレ』中森明菜

『桃色吐息』高橋真梨子

『悲しみがとまらない』杏里

『タッチ』岩崎良美

『GOLDFINGER ’99』郷ひろみ

『ヤマトナデシコ七変化』小泉今日子

などがあります。

 
さて次は元気が出る『全部だきしめて』でも歌ってみましょうか♪

F-Am-Dm-Gm7-C-F、A7-Dm-G7-C-F…だったかな?

広告

コメント»

1. 『14』 - 2011/04/09

私は松田聖子に書いた一連の松本隆氏の詞が大好きです。
一貫としたキャラクターが存在していると思っています。
それを以前「しょこたん」がラジオで語っていて以来中川翔子が好きになりました。

このギターはテレキャスでしょうか?
思い浮かぶアーチストは「プリンス」。
あと「山下達郎」。
お二人とも大好きです。

Master - 2011/04/10

>『14』さん
松本隆氏は阿久悠氏と並んで、1970年代以降の日本のポップス界に独自のブランドを作り上げましたね。
沢山の作曲家と仕事をなさっていますが、筒美京平氏との黄金コンビはまさに「ヒット曲製造マシン」のようでした。

ギターはテレキャスターです。
殿下も達郎氏も好きですよ♪
そのうち記事で触れるつもりです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。