jump to navigation

2012年の美術展めぐり 2011/12/28

Posted by Master in What's going on?.
trackback

関東圏では年末から来年にかけて、初来日を含む6点のフェルメール作品が公開されます。

image

「手紙を書く女」
「手紙を書く女と召使い」
「手紙を読む青衣の女」
…『フェルメールからのラブレター展』 Bunkamura ザ・ミュージアム

「真珠の首飾りの少女」
…『ベルリン国立美術館展』 国立西洋美術館

「ディアナとニンフたち」
「真珠の耳飾りの少女」
…『マウリッツハイス美術館展』 東京都美術館

2012年前半はフェルメールを追いかけて渋谷と上野を歩き回ります。

フェルメール以外では、
『ジャクソン・ポロック展』 東京国立近代美術館
『北斎展』 三井記念美術館
『ユベール・ロベール~時間の庭』 国立西洋美術館
『セザンヌ』 国立新美術館
『大エルミタージュ美術館展』 国立新美術館
『メトロポリタン美術館展』 東京都美術館
『巨匠たちの英国水彩画展』 Bunkamura ザ・ミュージアム
『会田誠展』 森美術館
このあたりもぜひ観たいです。

上野と渋谷に加えて竹橋、日本橋、六本木。
休日を片っ端から展覧会に充てなくちゃ?

広告

コメント»

1. ひま♪ - 2011/12/28

忙しい年になりそうですね

この前テレビでやっていたのは、ヒトラーがフェルメールの絵を岩塩が採れる炭鉱?岩塩鉱?に隠していた時があったとかって。
どこまで貪欲だったんだか。
勿論フェルメール展の宣伝ありきの番組でした。
混むだろーなぁー。

Master - 2011/12/28

>ひまちゃん
ああ、そのエピソードは聞いたことあるかも。
終生貧困に暮らしたそうだけど、今の人気や価値の高騰ぶりが信じられないね。

フェルメールをひとことで言うなら「光の画家」。
まるでスナップ写真みたいな一瞬を切り取る作品は是非とも生で見たい。
ひまちゃんもどう?


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。