jump to navigation

記憶 2012/03/11

Posted by Master in What's going on?.
trackback

去年の3月11日午後2時46分、自分がどこで何をしていたか、忘れられない人は沢山いると思います。

俺は職場にいて、人様の命を預かる立場でした。
幸いにして建物被害は微少で、怪我人も出ませんでした。
後に隣接市が被災地指定を受けたと聞き、あらためて肝を冷やす思いだったのを覚えています。

その日は帰宅できず、家族とも連絡がつかず不安な夜を過ごし、職員同士でTVで伝えられる情報を視て朝を迎えました。
交替で仮眠しようと話したのですが、寝つけるわけもなく、中でも仙台に実家がある同僚は無言で食い入るようにTVの画面を見つめていて、その姿もまた記憶に焼き付いています。

「絆」という言葉を何千回も耳にした一年でした。
自分本位の買い占め、はき違えられた自粛、風評に踊らされた言われなき差別、瓦礫の受け入れ拒否、スケープゴート目的の責任者狩り…。
何ら恥じることなく「絆」を口にできる人はどれほどいるというのか。

復興どころか復旧のスタートラインにも立てていない町があります。
石巻市が抱える瓦礫は全て処理するのに100年以上かかる量だそうです。
世代を越えて負わなければならない試練は、降り積もる時間の中で記憶し続けられるのでしょう。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。