jump to navigation

棚から1枚~”GROOVIN'” 2012/08/19

Posted by Master in Music Book.
trackback


“GROOVIN'”
The Young Rascals
Side 1
A Girl Like You
Find Somebody
I’m So Happy Now
Sueno
How Can I Be Sure

Side 2
Groovin’
If You Knew
I Don’t Love You Anymore
You Better Run
A Place In The Sun
It’s Love

1967年にリリースされたラスカルズのサード・アルバム。
ただしこれは米ライノによるリイシュー盤です。
リイシュー盤を買う前にオリジナルも持っていたと思うのだけれど、どうしても見つからない…と言うか、探すのが面倒(苦笑)。

ビートルズ同様にデビュー当初はオリジナル曲とカバー曲を取り混ぜた構成だったラスカルズも、三枚目にして1曲を除いて全てがオリジナル曲になりました。
唯一のカバーであるスティーヴィー・ワンダーの”A Place In The Sun”もすっかり自分たちのものにしていて、かなり良い出来と言えます。
しかしやはり、フェリックスとエディー、ジーンによる強力なナンバーの数々が素晴らしい!
シングル・カットされた”A Girl Like You”、”How Can I Be Sure”、”Groovin'”は言うに及ばず、”I’m So Happy Now”は隠れた名曲と呼ぶに相応しいし、後年パット・ベネターがカバーした”You Better Run”もたまらなくカッコイイ仕上がりです。

「ブルー・アイド・ソウル」の冠付きで語られるミュージシャンやシンガーは数多あれど、個人的にはこのラスカルズこそが「ブルー・アイド・ソウル」を体現していたバンドだと、今もなお思い続けています。

私的評価=★★★★☆

広告

コメント»

1. しまこ - 2012/08/24

ヤング・ラスカルズ。懐かしい^^
ってもレコード持ってないけど^^;なんか嬉しい記事です
あひるさん家はレコード屋さんみたいですね

Master - 2012/08/24

>しまこさん
ラスカルズ、いいよねぇ♪
生きがよくて、ドライブ感があって、ヴォーカルはソウルフルで、言うことなし。
たまに聴きたくなるんだよな、ラスカルズ。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。