jump to navigation

棚から1枚~”THE BEST OF KARLA BONOFF” 2013/02/03

Posted by Master in Music Book.
trackback

image

“THE BEST OF KARLA BONOFF”
Karla Bonoff
01 Someone To Lay Down Beside Me
02 If He’s Ever Near
03 I Can’t Hold On
04 Lose Again
05 Home
06 Wild Heart Of The Young
07 Tell Me Why
08 Goodbye My Friend
09 Isn’t It Always Love
10 Restless Nights
11 Baby Don’t Go
12 Daddy’s Little Girl
13 All My Life
14 Falling Star
15 Personally
16 The Water Is Wide
17 When You Walk In The Room
18 Trouble Again

ベスト盤というと、オリジナル・アルバムよりも一段下に見られると言うか、軽んじられる傾向にある気がするのは自分だけでしょうか。
ミュージシャンの意思ではなく制作されたり、リスナーそれぞれの好みに合致しない選曲だったり、ネガティブな要素は多々あるとは思いますが、個人的にはとても興味深いアイテムです。
自宅のCD(レコード)コレクションの中には、ベスト盤がけっこう沢山あります。
ものによってはオリジナル・アルバムよりも、そのミュージシャンの魅力を引き出している編集がされているものもあります。

で、カーラ・ボノフ。
寡作ではありますが、好きになったら離れられない、深い魅力を持ったシンガー&ソングライターです。
リンダ・ロンシュタットに見出だされ、作家としての実力が先行評価されたけれど、自身のアルバムがヒットしてメジャーになったという経歴。

このベスト盤は彼女のソロ作から選曲されたものを中心に編集されています。
内訳は…
ファースト作”KARLA BONOFF”から7曲、01~05、09、14。
セカンド作”RESTLESS NIGHTS”から5曲、10、11、16~18。
サード作”WILD HEART OF THE YOUNG”から2曲、06、15。
フォース作”NEW WORLD”から3曲、07、08、13。
ケニー・エドワーズ等と組んだバンド 、ブリンドル名義の12。
以上の18曲からなり、ご覧の通りキャリア初期の作品がほとんどを占めています。

以前、リンダ・ロンシュタットのアルバム”HASTEN DOWN THE WIND”を採り上げた時にも書きましたが、実際にカーラの作品の魅力は初期の2枚に凝縮されており、特にファースト・アルバムは名曲揃いで、一般的に名盤と呼ばれるセカンド・アルバムよりも内容的には遥かに充実していると思います。
とは言え、後のアルバムにもキラリと光る佳曲が散りばめられており、この編集盤はそういった曲を上手くフォローしていて、カーラの魅力を存分に伝えてくれる作りになっています。
ピアノ弾き語りで切々と歌われる04、ボニー・レイットもカバーした05、愛猫との思い出を語る08、心の内面に切り込んだ12、自身最大のヒット曲15、サーチャーズのカバー17、どれも彼女の優しく温かい歌声が堪能できる曲ばかり。

カーラ・ボノフの代表作と言えば”RESTLESS NIGHTS”を挙げる人が多いことでしょう。
でも、それに加えてデビュー作や以降の作品がまとめて味わえる点で、このベスト盤は存在価値があると思います。

私的評価=★★★★

広告

コメント»

1. KEI - 2013/02/04

此処最近はオリジナル、ベスト問わずCDを買わなくなったです。

ちょっと以前までは70年代洋楽ヒットとかディスコミュージックベストとか、
ホームセンターなどでオムニバス形式の廉価盤は買ってました(笑

5年以内に買ったベスト盤はローリングストーンズのJump Backです。

カセットテープとCDを持っていますが、テープの方はヘタってしまいました。

収録曲 アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイトがお気に入りですが、PVも中々良いですねぇ♪
基本アーティストのPVは買わないのですが、ストーンズだけは買っちゃいました(笑

Master - 2013/02/06

>KEIさん
お疲れさまです。
おっ、ストーンズですか!
“JUMP BACK”はなかなかにお買い得だと思います。
あの中だったら”Harlem Shuffle”が好きですね~。
“It’s Only Rock ‘n’ Roll”とかも。

2. フォレ - 2013/02/04

お疲れサラマンダー!

ベストとか出しちゃうと
『あれ~最近曲売れなくなって来たからかな~』
とか思っちゃったりしますけどー
でも、好きだとベストとかもちろん買っちゃいますよー
そして、マイベストアルバムとかこっそり作っちゃったり(笑

カーラさん、何曲はようつべってきました~
ポップかな??
ジャケットからはボサノバチックな雰囲気でしたけど^^
All My Life、聴きながらのコメントでした☆

Master - 2013/02/06

>フォレさん
お疲れサマランチ元会長!
ベスト盤が出るタイミングって、引退!とか、移籍!とか、金儲け臭かったりしがちですわな。
でも、とっかかりとしてあると便利だし、ファン心理で買っちゃうのも理解できます。

カーラさん、どうでした?
よかった?いいでしょ?いいじゃない?
いいって言えよ!・・・あ、冗談です(笑)。

3. guitarbird - 2013/02/11

こんばんわ
ベスト盤でも編集がいいものは結構ありますよね。
ただ私は家ではベスト盤は通して聴くことはあまりないです。
時々このように棚から出して聴くことはありますが、ベスト盤を聴くのはほとんどが車の中です、途中で切れてもいいので。
ベスト盤はみんないい曲なので通して聴くとかえって疲れる、というのもあります(笑)。
ただし、好きなアーティストのベスト盤は基本は必ず買います(笑)。
カーラ・ボノフは聴いたことがないので、いつか聴いてみたいです。

Master - 2013/02/11

>guitarbirdさん
よく考えられた編集盤ってありますね。
ミュージシャン本人がきちんと監修して、意義や愛情が感じられるものは、評価が高いですね。
機会があれば、お気に入りのベスト盤を特集した記事でも書いてみたいです。

カーラ、おすすめです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。