jump to navigation

棚から1冊~『マジック・フォー・ビギナーズ』 2013/05/14

Posted by Master in From my bookshelf., 未分類.
trackback

image

『マジック・フォー・ビギナーズ』
ケリー・リンク 著
柴田元幸 訳
早川書房

『スペシャリストの帽子』でその不思議な世界観に魅入られた、ケリー・リンクのアンソロジー。
表題作をはじめ、全9編が収められています。

ごく日常的な世界を背景にホラー、ファンタジー、SF、といった味付けを、時にさりげなく、時にあざとく施して、読者を「なんだこりゃ?」的な空気に包んでしまう作品が並びます。
本書は前作よりも筆致がしっかりしている印象で、程よい新鮮味を残した好アンソロジーと言えます。

冒頭を飾る『妖精のハンドバッグ』はヒューゴー、ネピュラ、ローカスの各賞を、『マジック・フォー・ビギナーズ』はヒューゴー、ネピュラ、英国SF協会の各賞を受けており、個人的には「これがSF?」と感じてしまうものの、評価されるだけの面白さは充分にあります。
その他の収録作品で気に入ったのは、ゾンビが買い物に現れるコンビニが舞台の『ザ・ホルトラク』、魔女とその子の物語『猫の皮』などがシュールな不思議ワールド全開で良かったです。

同傾向の女性作家として、『燃えるスカートの少女』のエイミー・ベンダーが挙げられますが、ケリー・リンクの方がポップなエンターテインメント性が高く、内省的な要素も比較的薄いので読み易いのではないでしょうか。

私的評価=★★★☆+

広告

コメント»

1. 暗ヲ - 2013/05/14

かわいいブックスタンドじゃ(*^o^*)

Master - 2013/05/17

>暗ヲさん
ははは、寝ているのをいいことに、と思ったら起きちゃった。

2. フォレ - 2013/05/14

こんばんはー
小説のアンソロジーってカテゴリーが
イマイチわからない私ですが^^;

なんだこりゃ?ってのがなんだか面白いですっ
表紙が可愛い~
これは翻訳の手腕にもかかってそうっすね!!

私もSFアンソロジー本持ってるんですよ~
『ココがウィネトカなら君はジュディ』ってやつです!
まぁそれが言いたかっただけですけど^^;

Master - 2013/05/17

>フォレさん
ほーほー!
それ、面白そうですね。
早速「欲しいものリスト」に入れました。
もうちょい価格が下がったら買います(今じゃないのかよ!笑)。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。