jump to navigation

『オブリビオン』鑑賞 2013/06/01

Posted by Master in Movies.
trackback

oblivionposter
『オブリビオン』 Oblivion (2013 / U.S.A., Russia)
監督:ジョセフ・コシンスキー
脚本:ジョセフ・コシンスキー、カール・ガイダシェク、マイケル・アーント
製作:ジョセフ・コシンスキー、ピーター・チャーニン、ディラン・クラーク、バリー・レヴィン、ダンカン・ヘンダーソン
出演:トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズボロー、モーガン・フリーマン、メリッサ・レオ、ニコライ・コスター=ワルドー、他
鑑賞:劇場

時は2077年。
60年前に「スカヴ」という異星人の襲撃を受け壊滅した地球。もはや誰も住むことのない地球で、ジャック(クルーズ)は同僚のヴィクトリア(ライズボロー)と二人、人類の移住先タイタンへの帰還を拠り所に監視業務にあたっていた。
ある日、ジャックはパトロール中に宇宙船の墜落に遭遇し、宇宙船の中から女性飛行士ジュリア(キュリレンコ)を救出する。二人は会ったことがないはずなのにジュリアはジャックの名前を呼ぶ。
奇妙に思うまもなく二人は何者かに拉致され、連行先で人類の生き残りにしてスカヴと戦う集団を率いる男ビーチ(フリーマン)と出会い、彼から思いもよらぬ「真実」を告げられ、ジャックは地球と人類の運命を左右する戦いに身を投じることになってゆく・・・。

※※※※※

というようなあらすじの作品と聞き、なんとも魅力的に感じて劇場に足を運びました。
元来SFは大好きだし、それなりのスケールを感じさせてくれるだろうとの期待がありましたが、うーん・・・これはどうも物足りない。
上記以降のストーリーは紹介するとそのままネタバレになってしまうので、差し控えざるを得ません。
おおまかな設定は魅力的だったのですが、組み込まれた設定やギミック、映像など「どこかで見たことあるぞ」的なものが散見され、展開がうすうす読めたり、王道といえば聞こえはいいもののオマージュの寄せ集めの感が残りました。

序盤はゆるい感じで進み、SF的なガジェットやメカに気をとられつつストーリーを追い、中盤になるとよくわからない恋愛要素が顔を出し「なんだかなぁ」と思い始め、終盤になって急加速する展開に慌てて座り直すも「あらあら、そうなるわけね」で終わってしまいました。
主演のクルーズはいまひとつ人間味に欠ける感じで(まぁ役柄の設定上・・・おっと、失言)、彼ならではのセンシティブな味わいが希薄だったのが残念。
ライズボローは後半の役どころがぐずぐずになってしまって、これまた残念であったし、ヒロインのキュリレンコでさえもおとなしめで見せ場に欠けた印象です。
あと、フリーマンの存在感をもっとアピールして欲しかった。重要なキャラクターにもかかわらず、彼がサバイバル・チームを率いるようになった背景や人となりの説明がなかったので、どうにも中途半端なままラストまでいってしまいました。

映像は素晴らしかったです。
未来的な無機質な部分と荒廃した地球との対比で見せるスタイリッシュさは特筆しておきます。
ジャックが操るパトロール機の造形はかなりカッコよかったし。
音響もサラウンド効果が効いており、終始低音にさらされている感じは嫌いではありませんので好感が持てました。
挿入曲としてZEPやプロコル・ハルムが使われてまして、これまた嫌いではないけれど必然性は感じられなかったな。
手放しで「面白かった!」とは言い難いものの、総合的にはまずまず楽しめた作品でした。

私的評価=★★★☆

広告

コメント»

1. フォレ - 2013/06/01

こんばんは~~
結構辛口???でも★3つ頂きましたぁ~
SFは私も映画館ではあまりチョイスしないんですが…
恋愛大事ですよ、恋愛!!泣かせないじゃなですか~
私探偵はBARにいる2を見たいんです~♪
映画館での、音響、たまりませんよね~
私もあの感じ、大好きデス!!!うふふ♪

Master - 2013/06/02

>フォレさん
辛口っていうか、70点は普通レベルかな。
恋愛要素は構わないんだけど、この場合は三角関係とかに発展するようなしないような、お話上ムズムズする感じがもどかしかったです。
この手の作品は劇場で観てナンボですので、映像の見事さや音響は重要ですね。

2. ayappesce - 2013/06/02

トムクルーズが徹子の部屋にまで出演して告知活動しているのを見てると、よっぽど気合いが入っているのだなと思いました。でも私はSFものは内容を理解するのに数回見ないといけないので、難儀です。

Master - 2013/06/03

>ayaさん
へえ~、そんなプロモーションをしてたのですか!?
でも、トム・クルーズの代表作になるほどの作品とは思えませんね。
SFものはその「世界観」にどれだけハマれるかで面白さが違ってくると思います。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。