jump to navigation

アート・アクアリウム2013 〜江戸・金魚の涼〜(その2) 2013/07/13

Posted by Master in Down on the corner..
trackback

「大奥」
シャンパンタワーならぬ金魚鉢タワーの様相。
upload20130713_11

upload20130713_12

「水中四季絵巻」
錦鯉が泳ぐ横長の水槽の背面に四季折々の映像が投影されます。
upload20130713_13

upload20130713_14

「キモノリウム」
和服の柄が動く金魚!
upload20130713_15

upload20130713_8

これは会場の入り口に展示されていた、ヴェネツィアン・グラスの金魚鉢(デザイン:木村英智、製作:イタリア・VENINI社)。
upload20130713_2

たかが金魚と言うことなかれ。
これはかなり見応えがあり、和の情緒と斬新な展示が不思議な空間を作り出しています。
夏本番はこれから。
ちょっと涼みに行ってみてはいかがでしょう?

『アート・アクアリウム2013 〜江戸・金魚の涼〜』は2013年9月23日まで、東京・日本橋の三井ホール(CORED室町5F)にて開催中。

広告

コメント»

1. み~しゃん - 2013/07/14

芸術品ですね。さすがです。^^

Master - 2013/07/14

>み~しゃん
「アート」の名に恥じない催しと言っていいと思う!

2. ひま♪ - 2013/07/14

お疲れさまです!

これは夏らしいイベントですね涼しげ
凄く綺麗に撮影出来てます

是非日本橋三越でうなぎ食べて伺いたいですね〜
情報にThank You( v^-゜)♪

Master - 2013/07/14

>ひまちゃん
どもども☆
写真をお褒めいただきましたが、実際はこの2000倍は綺麗だから!!

三越で鰻!?
ごっつあんですっ!
ビアガーデンもあちこちで始まってることだし、暑気払いにはうってつけの展覧会だと思うよ。
おすすめします!

3. まりー - 2013/07/14

おお~~~~!!涼しげ!!!

金魚って、流金で良い奴だと、ものすごいお値段なんでしよね。
あ、鯉も・・・。

Master - 2013/07/14

>まりー嬢
いいでしょう~☆

そうそう!
金魚って投機目的で売買されてたりする。
レイモンド・チャンドラーの短編にも金魚の魅力にとりつかれた男が出てくる作品があったなぁ。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。