jump to navigation

情景作家~昭和のミニチュア 2013/07/17

Posted by Master in Art, Down on the corner..
trackback

ええと、行ったのは先月なのですが、備忘録的に記しておきます。

『情景作家~昭和のミニチュア』展なるものが東京・新橋の旧新橋停車場にて開催されている、ということで「何か面白いことはないか」アンテナを張っていた私は「!!」と引き寄せられて新橋へと向かいました。
こんな近代的なビルの谷間に…
IMG_20130702_162607
旧新橋停車場は建っています。
IMG_20130717_195637

『昭和のミニチュア』というのは、模型作りをする方ならおわかりと思いますが、いわゆる「情景ジオラマ」の展示会です。
主に1960年代~1970年代、昭和三十年代四十年代の、我々世代にとっては懐かしい情景が、ミニチュア作家の手によって緻密に製作されており、その細かな情景の造形は(ダジャレではない)ため息が出るほど見事なものでした。
展示室内は撮影禁止だったので、作品や展示の様子をここでお見せできないのは残念です。
これが展示会のチラシ。
upload20130717
桜の木の下に佇む新入生、大きな富士山の壁画がある銭湯、路面電車が走る街…。
この他にも藁葺き屋根の旧家、懐かしい駄菓子屋、模型店でショーウィンドーをのぞき込む少年、トタン屋根のバス停留所でのひとコマなど、そのどれもがその時代を生きた人たちの愛情たっぷりに作り込まれています。
もちろん、旧停車場だけあって鉄道ジオラマもいくつか展示されていました。

おそらく四十代半ば以上の人達にとっては、懐かしさと憧憬にどっぷりひたれることでしょう。
もうあと数日で閉幕してしまいますが、興味のある方は是非どうぞ。
ちなみに入館は無料です。
『情景作家~昭和のミニチュア』は東京・新橋の旧新橋停車場内の鉄道歴史展示室にて、2013年7月21日まで開催中。

☆おまけ☆
旧新橋停車場の復元されたプラットホーム。
IMG_20130717_195549

広告

コメント»

1. フォレ - 2013/07/17

こんばんはぁ~
ミニチュアの世界!!
あの細かさったら凄いですよね、芸術ですね
銭湯とか凄い(驚
そしていい感じの建物です~^^

Master - 2013/07/19

>フォレさん
ただの模型ではなく芸術でしょうね。
細かく細かく作り込まれていて、隅々まで覗き込んじゃいます。

2. ayappesce - 2013/07/18

指がこんがらがりそうに精密です。

Master - 2013/07/19

>ayaさん
製作姿を想像すると、こちらの目もシバシバしてくる(笑)。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。