jump to navigation

棚から1枚~”UNITED WE FUNK” 2013/10/22

Posted by Master in Music Book.
trackback

upload20131022
“UNITED WE FUNK”
Various Artists
(Major/Pyramid/Rhino)
01 Party Time / UWF All Stars featuring Roger Troutman
02 Girls Night Out / The SOS Band
03 Shake It Easy / Con Funk Shun
04 She’s My Lady / The Dazz Band
05 Messin With My Flow / Gap Band
06 Who Do You Tell / The SOS Band
07 The Way You Shake / The Barkays
08 Nuthin’ But A Party / UWF All Stars featuring Roger Troutman
09 It’s Not Unusual / The Dazz Band
10 Hello / The System
11 Table Dance / Rick James
12 You Can Lean On Me / Con Funk Shun
13 Party Time / UWF All Stars featuring Roger Troutman

顔ぶれを見ればわかる通り、往年のファンク・グループが勢揃いしたコンピレーション盤。
個人的には復活したSOSバンドが聴きたくて購入したのですが(かれこれ10年以上前?)、クールにバウンスするトラックがいくつもあって、結果的に「儲けモン♪」なアルバムでした。
特にオールスター・メンバーによる01、08は強力!
コン・ファンク・シャン、ギャップ・バンド、バーケイズ、懐かしいですね~。
懐古趣味と言わば言え、1970年代~1980年代のダンス・フロア・ミュージックの魅力は何物にも代え難いものがあります。
しかし、ロジャーはこの直後に他界、そしてリック・ジェイムズも今はこの世にいない・・・。
やはり隔世の感は否めませんね。
同様の面子によるライヴ盤もあるので、興味のある方はぜひとも両方聴いていただきたいと思います。

私的評価=★★★★

広告

コメント»

1. フォレ - 2013/10/22

こんばんは~~
ファンクってどんなジャルンだろう??
ってまず考えちゃいましたよー
ソウルとは違うんですよね??
私が昔好きだったC+Cミュージックファクトリーとか
そこら辺はどうですかね!!(どうって?
オムニバスって好きです^^

Master - 2013/10/23

>フォレさん
ファンクはソウルの中のいちジャンルと言いましょうか、うねりを持ったダンス・ビート音楽です。
記事中のSOSバンドやギャップ・バンド、あるいはZAPP、パーラメントなんかをYouTubeあたりで聴いてみて下さい。
プリンスやレニー・クラヴィッツとか、日本では山下達郎や吉田美奈子が得意とするジャンルですね。
C+Cミュージックファクトリーはヒップホップ系と思うけど、ヒップホップ自体はファンクの系譜にあったりするから・・・って、難しく考えることはないっす!音楽は理屈は二の次なので♪

オムニバス盤ってお得だったりするし、カタログ的に聴けていいですよね。
とりあえずこれ聴いとけ見たいで便利だし。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。