jump to navigation

棚から1枚~”ME, I AM MARIAH: THE ELUSIVE CHANTEUSE” 2014/06/04

Posted by Master in Music Book.
trackback

IMG_20140531_012948
“ME, I AM MARIAH: THE ELUSIVE CHANTEUSE (Deluxe Explicit)”
Mariah Carey
(Def Jam / 2014)
01 Cry.
02 Faded
03 Dedicated ft. Nas
04 #Beautiful ft. Miguel
05 Thirsty
06 Make It Look Good
07 You’re Mine (Eternal)
08 You Don’t Know What To Do feat. Wale
09 Supernatural w/special guest stars “DemBabies” a.k.a Ms. Monroe & Moroccan Scott Cannon a.k.a. Roc N’ Roe
10 Meteorite
11 Camouflage
12 Money ($ * / …) ft. Fabolous
13 One More Try
14 Heavenly (No Ways Tired/Can’t Give Up Now)
Bonus Tracks
15 It’s A Wrap ft. Mary J. Blige
16 Betcha Gon’ Know ft. R. Kelly
17 The Art Of Letting Go

“MEMOIRS OF AN IMPERFECT ANGEL”以来5年ぶりとなる、マライアの新作アルバム。
そもそも2012年にシングル”Triumphant (Get ‘Em)”がリリースされた後、新作アルバムは”THE ART OF LETTING GO”というタイトルになると告知されていたのが一転、あらたに録音や再編集を行い自らの名前を冠したタイトルに変更されての発表になりました。
ちなみに”Triumphant (Get ‘Em)”は収録を見送られています。

例によって収録内容の異なる数種類のパッケージが発売されていまして(苦笑)、どれを買おうか迷った挙句シングルとして既発売だった17がボーナス収録されたパッケージをオーダーしました。
シングル曲は17以外に04、05、07で、更に08をシングルカットするとかしないとか、噂も出ています。

曲ごとに複数のプロデューサーが関わっていて、前作よりもバラエティ豊かでありながら散漫な印象はなく、”E=MC2″以来の会心作に思いました。
アルバムはピアノに導かれるゴスペル調の01で幕を開けますが、冒頭を飾る曲としてはちょっと重たい印象です。
02、03、04、05、06と続く数曲はいわゆるR&Bが並び、Nasのラップを活かした03~ミゲールとのデュエット04~HIP HOP的な仕上がりの05への流れはなかなかに心地よい感じ。
07は”Angel’s Cry”を思わせるスローな曲で、ここまでが前半という構成。
でもここで、おなじみのハイトーンのフェイクは随所で聴けるものの、近年多用するファルセット風のウィスパーが影を潜めているのに気づきました。

08は穏やかに始まった後にテンポ・アップするパターンで、さあ後半のスタート!
3年前に誕生した双子Dem Babies(モロッカン君とモンローちゃん。またの名を「ロック&ロー」)をフィーチャーした09は、微笑ましいととらえられるか、ただの親バカととられるか意見が分かれるだろうな。
4つ打ちのハウス・ビート調の10を経て、11のバラードでファルセットが登場します。
12はミドル・テンポのHIP HOPナンバーでにぎやかに盛り上がり、後半も飽きさせない工夫が凝らされていますね。
男性ヴォーカル曲のカバーを採り上げるのが恒例のマライア、今作ではジョージ・マイケルの13をそつなく歌いこなしています。バックのオルガンが効いている数晴らしいアレンジです。
で、アルバム本編のクロージングとなる14は、ヘビーなバック・トラックと厚いコーラス隊に乗せて彼女の歌が自由に動き回る、聴き応えたっぷりの曲。

ボーナス・トラックの15と16は前作に収録されていたもののリミックス版。
とは言え前者はメアリー・J・ブライジを、後者はR・ケリーを迎えてリプロダクションされていて、特に16はこんなに良い曲だったのかとあらためて気付かされました。
17は個人的には良くできた作品だと思うので本編に入れて欲しかったのですが、アルバムを再構成したいきさつがあるのでボーナス扱いにせざるを得なかったのでしょうか。かりにもアルバムのタイトル・チューンに挙がっていた曲ですから、悪かろうはずはないと思いますがいかがなものか。

久しぶりの新作で長文になりました。
でも、待った甲斐があったと言える、とても満足度の高いアルバムになっています。
出産を通じて得た自信や強さ、余裕などがタイトルに込められているに違いなく、前作とは一変した彼女の魅力に溢れた一枚。
「マライアの新作はいいよ!」と、躊躇なくおすすめできます。

私的評価=★★★★+

広告

コメント»

1. フォレ - 2014/06/04

こんばんはぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
うわぁうわぁー!きゃぁ~@@
ちょ…まさに今、私このアルバムをBGMに書き込みしております
Masterさんもマライアファンですか!
私はエモーションあたりからのファンでして…えへへ♪
多分、全作品、網羅しております!
途中、本人もファンにも辛い時期が有りましたが(笑
こうして好きなアーティストの新作が聞けるってなんか嬉しいなぁ~
待ちに待っての新作ですから、じっくり堪能したいです
因みに私は日本版を本日ゲットして来ましたのでトラック18までありますよ
1曲目は入りは優しい感じでOPには良いかと思いましたよ~
3・4曲目、ノリノリで聞いております^^

Master - 2014/06/05

>フォレさん
“Emotions”の頃なら、ほとんどデビューからですね!
マライア好きですよ♪
やっぱりデビューの頃から。
そうそう、辛い時期ありましたね~。
でも、本格的にR&B・HIP HOPに方向転換して復活しました。

聴きながら読んでくださってありがとう☆
これはかなりイイですよね!
日本盤はマライアが顔に手を添えているジャケット?
輸入盤はお買い得価格だったので嬉しかったです!

2. 暗ヲ - 2014/06/04

封を切る前に写真とってるのが凄い! と思いました(^O^)
収録内容が異なるのは迷いますねえ。。

小梅さんお大事にです。
早くお元気になってほしいですねえ。

Master - 2014/06/05

>暗ヲさん
ははは、暗ヲさんならではの着眼!

初回限定とか、来日記念とか、リマスター再発とか、紙ジャケ仕様とか、収録内容が違うのをいくつも出すのはやめてほしいです。

小梅はおかげさまで、快方に向かっている様子です。

3. Cumin - 2014/06/07

今朝、出がけにココを開けたらこの画像!ああ~そうだったぁ~、、、マライアのニューアルバム出るの忘れてたのです(^^;)これじゃない方の全身の写ってるジャケットのを買おうかと思ってたけど、忙しくてすっかり忘れてました(><)
それで今日デパートで買ったけど、3枚しか店頭に残ってなくて(皆オンラインで買うから?)迷った挙句、やっぱりあひるさんと同じのにしました。帰りの車の中ですぐ聴いて、いきなりあのCRY~~!う~ん確かに重いけれど、やっぱり心地よい声だし、ググッと心を捕まれた感じです☆私ももっとじっくり聴いてから記事書こうっと!Nasは、なんか懐かしいなぁ~♪^^

Master - 2014/06/08

>cuminちゃん
相変わらずのダイナマイト・ボディをさらしてるのは、ボーナス・トラックの無い通常版。
フォレさんが書いてるように、このデラックス版に更に1曲追加されたパッケージも出てますよ。
もう何度も繰り返して聴いてるけど、うーん、そうね、「重い」っていうのとはちょっと違うニュアンスかなぁ。

久々の会心作ってことで、R&Bチャートで1位になったみたいだね♪


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。