jump to navigation

小梅の通院 2015/05/08

Posted by Master in Life with cats..
trackback

image

本日、小梅は最後の抜糸に行きました。
カラーも腹帯も外れてスッキリしましたが、病理検査の結果を知らされ、余命宣告を受けました。
予想以上に腫瘍の進行が速かったようです。
飼い主のエゴではなく、小梅の安楽な余生を第一に考えて、今後の方針を決めたいと思います。

広告

コメント»

1. 勝美。 - 2015/05/08

小梅ちゃん、お大事にして下さい。
家の、ちぇりーも、見守っています。辛いですよね。

Master - 2015/05/09

>勝美。さん
お気遣いありがとうございます。
見た目にはこれまでと変わり無いので、病気したことが嘘のようです。
のんびり過ごしてもらうよ☆

2. yukitten - 2015/05/10

カラー取れたのは良かったですけど。辛いですね。
小梅ちゃんが、少しでも幸せな時間を過ごせますように願って降ります。

Master - 2015/05/11

>yukittenさん
お気遣いありがとうございます。
限りある命を持った生き物と暮らしている以上、別れは避けられませんものね。
大きな手術を頑張ったのだから、あとはゆったりと過ごして欲しいです。

3. フォレ - 2015/05/11

こんばんはーー
小梅ちゃん
痛みや苦しいのをあまり感じずに
これからの時間過ごせればいいなぁと願います

Master - 2015/05/11

>フォレさん
お気遣いありがとう。
友人の一人に「できるだけゆっくりと、残された時間が過ぎるといいね」と言われ、なんだかグッときてしまいました。
抗がん剤の使用など、辛い時間が増えるだけの延命は飼い主のエゴだと思うので、自然の成り行きに任せます。
LET IT BE…


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。