jump to navigation

モネ展 2015/09/23

Posted by Master in Art.
trackback

image

暑い暑いと言っていたら、あっという間に立秋も過ぎてしまいました。
今年も残すところ100日を切りましたね。
そんなわけで、今年11回めの美術展巡りは都美で始まったモネ展。
開幕を連休に持ってきたため、訪ねた日も結構な人出でした。

本展はマルモッタン美術館の協力のもとに、魅力的な作品が幾つも来日しています。
特に目玉扱いされているのは、『印象、日の出』と『ヨーロッパ橋サン・ラザール駅』の2作品で、東京では会期前半に『日の出』を、後半に『サン・ラザール駅』を入れ換え展示する予定です。
個人的には『日の出』が観たかったので、混雑承知で開幕早々に出掛けました。
順路に沿って進むと『日の出』はちょうど真ん中くらいで出会います。
そしてこれだけは「立ち止まり禁止」での観賞を指示されます。
仕方ないので国会議員の如くの牛歩戦術で観ました(笑)。
想像以上にラフとも言える筆致なのですが、オレンジの太陽とブルーグレイの海のコントラストが鮮やか。
それでいて朝の空気の透明感もあり、図版からは伝わらない空気を感じました。

『日の出』以外に観たかったのは、
『オランダのチューリップ畑』
『トゥルーヴィルの海辺にて』
『ジヴェルニーの庭』
『小舟』
あたりで、どれもさほど人だかりはしていなかったので、間近に・遠目に観ることができました。
中でも『オランダのチューリップ畑』は滑るような筆跡でスピーディーに描かれた様子で、それでもなお華やかで穏やかな光景を見せており感心しました。

そして今回の大きな収穫は、モネ晩年の作品を観られたこと。
目の病のため視覚を制限され、詳細な観察やありのままの色覚が不自由になっていく中で、作品のサイズはより大きく抽象性を増し、乏しい視覚でこれでもかと対象物の「印象」をカンバスに残した、画家としての意地に心を動かされました。
ある意味、『日の出』などよりも晩年の作品群の方が感動的でした。

『モネ展』は東京・上野の東京都美術館にて、2015年12月13日まで開催中(その後、福岡、京都、新潟へと巡回予定)。

image

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。