jump to navigation

禁断の白い粉 2015/11/07

Posted by Master in Eat it!.
trackback

料理をするのが好きで、凝ったものは作らないまでも、簡単なおかずなどは自分で作ります。

料理好きな方の中には調味料にこだわる人も多いでしょう。こだわらないまでも、調味の基本「さしすせそ」を担う調味料くらいはキッチンに揃えていることと思います。

ところが我が家には「さしすせそ」の一番手である砂糖がありませんでした。

煮物にしろコーヒー紅茶にしろ、砂糖は使わない。野菜の煮物なんざ、素材の甘味で十分だし、どうしても甘くしたければみりんを使います。コーヒー紅茶はストレートで飲むので、砂糖は不要(甘味好きのお客様はいらっしゃらないし)。

ところが最近、どうしても「甘い卵焼き」が食べたくなり、ついに我が家に砂糖がやってきました。10年ぶり以上に作った甘い卵焼きは結果的に美味しく出来たけど、なにぶん砂糖に慣れていないから分量の見当がつかず、不安混じりの料理でした。

さて、この砂糖500グラムもあるけれど、これを消費するためにはいったい幾つの卵を焼けばいいんだろう?

広告

コメント»

1. フォレ - 2015/11/07

ついに手を出してしまいましたか!
これからが地獄ですよ、へへへ
うちのは茶色ですよ~
サトウキビの砂糖なので
ミネラルとか多いらしいです
最近はめんつゆとか
すでに色々混ざってる調味料もあるし
でかいの買っちゃうと消費が大変すね~(>_<)
そうね、先ずはグラム単位に小袋にいれて…

Master - 2015/11/07

>フォレさん
ひぃぃ!
ほんの出来心で手を出しちゃったけど、常習化しちゃったらどうしよう~。
でも、おっしゃる通り、形を変えて色々なものに入り込んでますからね。
せめて自分からは使用を控えたいです。

2. 暗ヲ - 2015/11/09

甘いたまごやき美味しいんですよねー(^O^)
子供のころ作ってもらったたまごやきは、わきから砂糖の汁がどろどろ流れてました。
美味しかったー(笑

Master - 2015/11/25

>暗ヲさん
コメントを返すのが遅くなりました!

結局、あれ以来砂糖は使われず棚にしまわれたままです。
私は幼少の頃から甘くない卵焼きを好んできたので、まして自分で作るのは滅多にありません。
でも、たまに食べると美味しいね☆


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。