jump to navigation

“LET IT BE” 観賞 2015/11/29

Posted by Master in Down on the corner., Music Book.
trackback

2、3年前でしたか、”RAIN”というビートルズのトリビュート・コンサートがありました。
早い話、ビートルズのそっくりさんバンドが、ビートルズと同じ衣装や楽器を身に付けて歌い演奏するコンサート。
単なるコピーバンドと違うのは、演奏する曲が発表された当時の衣装やメイクアップで演出されていること。
例えばデビュー曲の”Love Me Do”を歌うときはキャヴァーン・クラブを模したセットで細身のスーツ姿、”All You Need Is Love”を歌うときはサイケデリックな衣装に髭面でと、なかなかに凝ったステージングで話題になりました。
その”RAIN”がパワーアップしたのが今回の”LET IT BE”というわけで、欧州をツアーした後での来日公演となりました。

image

会場は東京・有楽町の東京国際フォーラム。ホールCというキャパ1,500人程のホールでの公演です。
今回は日本公演用に特別の演出「1966年武道館コンサート」のコーナーが用意され、当時司会を務めたE・H・エリックさんのMCを模したオープニングからの”Rock And Roll Music”という、日本のファンへのサービスがありました。

他にもシェイ・スタジアム、ロイヤル・ヴァラエティ・ショー、ルーフトップ・コンサート等々、ビートルズ史上のハイライト・シーンが再現され、見て楽しく聴いても楽しいライヴでした。
肝心の歌と演奏は、さすがにプロフェッショナルなミュージシャンだけあって安心して聴いていられました。
休憩を挟んで約2時間、40曲くらい披露されたのかな。
客席への煽り(「立って、立って」「歌って、歌って」)も慣れた様子で、お客さんの反応も良かったと思います。
欲を言えば、短縮版にアレンジされた曲が多かったことと、リンゴ役のドラマーがちょっと走り気味だったことが残念だったかな。
ポール役の人はさほど似ていなかったけど(右利きだった)、ジョン役の人はガニ股とはしゃぎっぷりが似ていたし、ジョージ役の人はギターが上手かったなぁ。

とにかく予想以上に楽しく、満足感もあって、「物真似・所詮は偽物」というレベルを大きく凌駕したエンターテインメントでした。
また見ても(聴いても)いいかな、という気持ちで会場を後にしました。
そうそう、東京駅のKITTEには大きなクリスマスツリーがお目見えしていました。
今年も残りひと月なんですね。
image

広告

コメント»

1. しまこ - 2015/12/05

見て楽しく聴いて楽しければいいですよね^^めでたしめでたし
東京駅のKITTE6月に行きましたよ(10年ぶり?のお上りさんでした)白いツリーがきれいですね
東京駅のレンガを目の前でみてちょっと感動ものでした
しっかり写真も撮りました(笑

Master - 2015/12/08

>しまこすゎん
けっこうクオリティ高かったですよ♪
十分に楽しみました。

東京駅とその周辺は様変わりしてますね。
大きなビルに隠れた通りや路地が多いので、方向を見失うことがしょっちゅうです(笑)。

クリスマスツリー、見上げて写真を撮っている人がたくさんいました☆


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。