jump to navigation

『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女~』 2017/01/07

Posted by Master in 未分類.
add a comment

矢野顕子さんが1992年に発表した”SUPER FOLK SONG”というアルバムのレコーディング風景を捉えたドキュメンタリー・フィルム。

制作当時に公開されたフィルムがリマスターされて、期間限定で再公開されると聞き、前売り券を押さえた上で、公開初日に新宿まで観に行って来ました。

矢野さんが愛する歌の数々を、ピアノの弾き語りで、しかも編集無しの一発録りで作品化するという、聞くだに恐ろしい挑戦をしたアルバムが”SUPER FOLK SONG”です。

収められているのはムーン・ライダース、大貫妙子、THE BOOM、佐野元春、ヤング・ラスカルズ、山下達郎らのカバーとパット・メセニー書き下ろしの新曲(当時)など全13曲。

アルバムを聴いた時には録音風景には思いが及ばず、ただただ古今の名曲の矢野顕子流解釈に感心しきりでした。しかし今回、その録音風景を目の当たりにして、彼女の音楽への真摯な愛情ゆえの厳しさを、衝撃的に見せつけられました。

完成してリスナーに提示される音源だけを聴けば、ああ矢野顕子楽しそうに歌ってるなぁ、という印象ですが、レコーディングの現場は産みの苦しみと言うか、一発録音にかける緊張感というものが、観ているこちらが息苦しくなるくらいに迫ってきます。思うような歌い回しができない、ピアノのミスタッチ、自らを追い込むプレッシャー、こんな風に苛立ち、苦悶する矢野顕子を見たのは初めてです。

もちろん、カメラは苦しみの表情だけを写し取るだけではなく、会心のテイクが録れた瞬間の輝くような笑みも見せてくれます。息を呑んでスクリーンを見つめていたこちらも、彼女が”I got it!”と声をあげると共にフーッと息をつく感じで、まるでレコーディング現場に同席しているような臨場感でした。

事前に”SUPER FOLK SONG”を聴いているととても興味深く鑑賞できますが、矢野顕子ファンでないとちょっと退屈してしまうかもしれません。

広告

2016年、今年もありがとう! 2016/12/24

Posted by Master in 未分類.
1 comment so far

いろいろあった2016年もあと一週間。

相も変わらず音楽と猫と美術展に明け暮れた日々でした。

秋に肋骨を折ったのを除けば大きく体調を崩すことなく過ごせたこと、なによりでした。

Thank you for a good year!!

ジーン・シモンズのAXEベース 2016/11/01

Posted by Master in 未分類.
1 comment so far

中途半端に照れがありますね(笑)。

KISS EXPO TOKYO 2016 2016/10/29

Posted by Master in 未分類.
2 comments

東京の原宿ラフォーレミュージアムで『KISS EXPO TOKYO 2016』なるイベントかあり、往年のロック少年、いや現役のロックおじさんはいそいそと出掛けてきました。

「地獄の博覧会」とサブタイトルにあるように、KISSのデビュー当時からの衣装や楽器、グッズ、ゴールドディスク等がいろいろ展示されていました。

中でもポール・スタンレー手書きのポスターや、レコード会社との契約書など日頃目にすることのないお宝もあって、なかなか見応えがありました。

もっとも今回一番楽しみだったのは、メンバーが実際に使用した楽器に触れられるという体験。ジーンの斧ベースやポールのIbanezを抱えてドヤ顔で写真を撮っていただき、ロックおじさんはご満悦で帰ってきました。

楽しかった!

(どうでもよくない)どうでもいいこと #27 2016/03/28

Posted by Master in 未分類.
2 comments

image

まさか丸1ヶ月も更新出来なかったとは、不徳の極みにほかなりません。
何かやんごとなき事情があったわけではなくて、単に記事を仕上げるのが億劫になっていただけ。
先月末から手を付けている記事の下書きが七つほど溜まってしまいました。
追々書き上げていきますので、今しばらくはミーナの寝顔で勘弁してください。

記事予告
『ボッティチェリ展』
『アニー・リーボヴィッツ写真展』
『フェルメールとレンブラント展』
『カラヴァッジョ展』
『新しいバッグ』
『俺たちの国芳 わたしの国貞』
『佐野元春35周年コンサート』
…こうしておけば仕上げないわけにはいくまい…

今年もありがとう 2015/12/09

Posted by Master in 未分類.
2 comments

image

今年も12月に入り、年内の予定もほぼ確定しました。
恒例の振り返りをばいたしましょう。

何と言っても今年の我が家の最大の出来事は、小梅が闘病の末に逝ってしまったことですね。
皆さんのお心遣い、本当に嬉しかった。
昨年ははっちゃんが一命を取りとめる事件があり、小梅の健康面を心配するきっかけになったのですが、それから1年経たないうちにお別れとは思いませんでした。
現在はミーナもはちも元気に過ごしていますので、2匹と共に年越しできそうです。

一昨年あたりから映画館に行くことがなくなり、その代わりに美術展巡りに精を出すようになりました。
今年は14回行ったかな?
特に印象的だったのは…
『画鬼・曉斉』
『若冲と蕪村』
『モネ展』
の三つ。
来年も既に判っているだけで11展ほど目をつけている美術展があります。
楽しみだなぁ。

読書はまぁぼちぼちだったかな。
坂口安吾に出会えたのが一番の収穫かもしれません。

音楽は過去の掘り起こしばかり。
手当たり次第に新譜を買うことがなくなって、情報弱者みたいなものです。
予想外に良かったのはビートルズの”1″。
音楽関連では、11月に行った”LET IT BE”も良かった。
悔しいのは山下達郎のコンサートチケットの抽選に連敗続きなこと(笑)。

悔しいついでに言えば、夏の『ウクレレ・ピクニック』、事情により途中退場しなければならなかったのも残念でした。
来年もチャレンジしますよ!

勿論他にもさまざまな出来事がありましたが、まずまず健康で過ごせたのでよしとしましょう。
2016年、美術はレンブラントで、音楽はマドンナのライブで、映画は『スター・ウォーズ』でスタートの予定。
このブログは上手くスタートできるかな?
ま、お気楽にがんばっていきまっしょい。

どうでもいいこと #26 2015/10/28

Posted by Master in 未分類.
4 comments

image

Facebookで「10秒ビートルズ」というシリーズ投稿をしているので、こっちにも動画を貼ろうかと思ったら、Wordpressは動画掲載機能は有料オプションでした。
残念~☆

(どうでもよくない)どうでもいいこと #25 2015/06/08

Posted by Master in 未分類.
2 comments

最近はPCでブログを書くことがほとんどなくなった。
大抵スマートフォン、時々タブレット、という感じ。
更新頻度も激減してるよなぁ…

image

この配線は美しくない!
そのうち…そのうち、ね。

3月11日に寄せて 2015/03/11

Posted by Master in 未分類.
2 comments

学校に行ったり、勤めに出たり、
家族と遊んだり、友だちとお喋りしたり、
庭の草むしりしたり、犬を散歩に連れ出したり、
テレビを視たり、暇で昼寝したり、
買い物に行ったり、ネットに書き込みしたり、
家計簿を付けたり、洗車をしたり、
ジムで汗を流したり、切れた電球を替えたり、
空を眺めたり、爪を切ったり、
久しぶりのデートにウキウキしたり、おろしたての靴でガムを踏んでしまったり、
タンスの角に足指をぶつけたり、読書をしたり、
誰かのお見舞いに行ったり、お酒を飲んだり、
宅配便を受け取ったり、釣りをしたり、
兄弟喧嘩したり、旅行の支度をしたり…

…多くの人にとって、そんな「いつもと同じ・どうってことない一日」だったはずの2011年3月10日。
翌日11日を境に暮らしや人生が一変してしまったことを思うと、「いつもと同じ・どうってことない一日」が如何にかけがえのない愛しいものであるかを実感します。

3月11日、被災地の方々や災害というものに想いを馳せたり、犠牲者を偲んだりすると共に、「どうってことない一日を送れる幸せ」を大切にしなきゃ!と再確認しても良いんじゃないかと思います。

image

2014年あれこれ 2014/12/30

Posted by Master in 未分類.
6 comments

image

今年はギターと猫に明け暮れた一年という感じ。
8月のはっちゃんの闘病が、最も忘れられない出来事になりました。

美術展は四つくらいしか行かなかったな…。
映画はもっと観なかったな…。
読書量はどうだったっけ?

来年こそ(笑)。